気持ちのいい占いに学ぶコミュニケーションのヒント。ー名古屋の司会・バイリンガル司会 ANDSTORY-

★ANDSTORYの結婚式司会★

こちらから

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

こんにちは。

東海・名古屋の司会・バイリンガルMC

「引き寄せトーク」の

ANDSTORY

五艘英里です。

 

先日 タロット占いをしてきました。

ママとの出会いは10年前。

ドライブ途中に道に迷って

偶然見つけた怪しげなアジアン雑貨のお店のカフェスペースでチャイを飲んでいたら

タロット占いやってく?と。

後からお友達に

「よく予約とれたね!」と言われました。

知る人ぞ知るママの占いは

よく当たるで有名だそうです。

 

 

歌いなさい。

と、半分笑って、半分真顔でママは言いました。

自分を賛歌する歌をね

即興でつくって、歌うのよ。

サイババなんて

それでCD出しちゃってんだから。

 

作曲の才能がない私にはどうしても習慣化できませんでしたが

(問題は、それだけじゃなかったかもしれませんが・・)

そのメッセージは強烈に印象に残りました。

「あなたはもっと自分に自信を持ちなさい。必ず幸せになれるから」

駆け抜けた、10年の時間の流れ。

 

また行きたいな、とぼんやり思いながらも

何ぶんグーグルマップもまだなかった時代に

道に迷ってたどり着いたママの店

 

結婚して子供も生まれて

ある日、その記憶がすっかり風化した頃

走る電車の窓の中から

「あ」

見つけました。

完全に周囲から浮いてました。

まるでそこだけ、異国から切り取ってきたみたいに。

それくらいインパクトの強いカラーの店なのです。

 

10年ぶりの二度目のタロット占い。

 

分かった事があります

 

ママは、カードの内容を

ただよんでるわけじゃない。

 

私の目をみながら

ママという媒体を通して

どんな言葉を贈るのか

まるで私の心のコートにピンポン玉を当てるみたいに

考えてくれる

ということ。

その言葉選びが、バランス感が

完全なる職人技。

タロット占いで有名なママは

尋常じゃなく高いコミュニケーション能力の持ち主でした。

 

もしかしたらママ自身も

当たるか当たんないかなんてどうでもいいと思ってたりして。

ふと、そんな風に想うほど、時々質問しながら心を探ってくれる。

私も実は、ただ背中を押して欲しいだけだから、的を得た質問に

話したくなる。

自分の中でテーマと答えを見つけてくだけ。

 

 

女性は自分を大切にする生き方が似合う。

だから占いが好きなのかも。

 

自分の心と見つめあってみたいだけ。

ただ、背中をポンと押してほしいだけ。

 

決めるのは

 

自分。

 

誰かと誰かが生きていく。

結婚という壮大な試みに携わるお仕事をさせていただく中で

新郎新婦様から教わる事が多くあります。

 

大切な人を、ただ想うという在り方のこと。

 

彼はどうしたいかな。

彼女はどうすれば喜ぶかな。

今何を必要としていて

何は、そんなに欲しくないんだろう。

好きなことは?

苦手なことは・・?

 

パートナーの事だけではなく

自分とパートナーの、友達や家族、親戚や上司に至るまで

一人一人に想いを馳せます。

 

それはすごく人間力を求められることで

(本当にすごいと思う)

幸せに生きていく、最初の一歩なのだと思います。

 

立ち止まって

相手のこと、考えてみる。

 

占い師にはなれないかもしれないけど

それが幸せと感じられたら

恋愛や結婚だけじゃなく

ビジネスも友人関係も、うまくいくものかもしれないですね。

 

気持ちのいい占いに学ぶ、コミュニケーションのヒント。

私、修行します、日常の中。

★この記事を書いた人★

Eri Goso

司会・バイリンガルMCとして、延べ1500件以上をお手伝い。

「話すほど幸せに」をモットーに

「引き寄せトーク」講師としても活動中。

映画と読書がとても好き。

※詳しくは写真をクリック

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

友だち追加

友達登録していただくと

幸せを引き寄せる話し方

「引き寄せトーク」のメソッドが

無料で届きます。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

『司会・講座のご依頼はこちらから』

https://andstory.jp/contact

 

If you seek for english available bilingual mc in central Japan.

Please e-mail us.

メールでのご相談はこちらから。

↓↓

info@andstory.jp