引き寄せ的初詣のススメー東海・名古屋の司会・バイリンガルMC 「引き寄せトーク」 ANDSTORYー

★ANDSTORYの結婚式司会★

こちらから

【ご好評いただいています!】

Bridal MC to be

人が輝きながら働く場所への尊敬を込めて

「幸せな司会者」の働き方と技術、惜しみなく伝授します。

【二人らしい感謝の形を考える】

「ありがとう」と「おめでとう」が繋がるウェディング

Photo&Ceremony

経験豊富な司会者とつくりあげるオリジナル人前式を、人気フォトグラファーが撮影します。

演出も持込も自由。和装も洋装もたくさんの選択肢から選べるプランです。

緊急キャンペーン中

☆2021年まで土日も平日料金 ☆延期も一回まで無料で対応

☆国際結婚の方の日英バイリンガル対応、このプランに限り無料

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

こんにちは。

愛知の司会・バイリンガルMC

ANDSTORY

五艘英里です。

 

願いの放ち方⛩

 

新年、あけましておめでとうございます。

昨年は、引き寄せトークも通じて多くの出会いに恵まれた、幸せな年でした。

感謝を込めて

2020年の最初のブログをお届けします。

 

新年の願い、放たれましたでしょうか

 

2020年は、東京オリンピックはもちろんのこと、教育界ではプログラミングが小学校で必修化したり、経済界もAIやIOT(モノのインターネット。アレクサとか)など、次世代技術への投資に伴って大きな転換期を迎えたり

 

環境的にも、生物多様性の主流化に向けた、愛知目標を達成させる年に制定されていたりと

 

何だか地球規模で、文字通り節目の年。

 

大きなエネルギーが動くからこそ、私達も夢に向けて舵を切り

時代の波に乗って華麗に変化できる、チャンスの年と感じています♡

 

この時代の、選択肢の多い事…

 

もはや、競業という概念さえなくなっていくんじゃないかと思うほど

 

A社とB社が同じ分野で事業を初めても、全く同じものが生まれるなんて起こり得ず

 

それほど、自らの果たす役割に正直に、多くの選択肢から選び取れる時代に、私達は生まれていると思うのです。

 

 

これってきっと、物凄いこと。

 

 

正しく選び取れるために、まず必要なファーストステップこそ、間違いなく願うことなわけですが

 

願いを放つって、つまるところ言語化する事。

 

言葉にする事で、人の脳は初めてチャンスや道標を見つけられる状態になり

 

量子力学的には、思考の波が、言葉という粒になり、固定化されます。

 

書いたり口にしたりすると叶いやすい、というのは、本当なのです♩

 

引き寄せ的初詣

 

お正月は、どんな風にお過ごしですか?

 

初詣には、行かれましたでしょうか?

 

ご神前で手を合わせて祈ると、心がシンとして、身が引き締まりますよね。

 

よく言われる参拝マナー「願い方編」は

 

手を合わせたら、まず名前と住所を伝えて神様にご挨拶し

 

旧年中の感謝を伝えて、願い事はあれもこれも、ではなく、1つに絞る。というもの。

 

きっと引き寄せトークの講座にお越し下さっていたり、日頃から引き寄せの実践をされている方なら、もはやお分かりなのではと思うのですが

 

大切なポイントは、1つなら1つ、その願いを放つ時、自分自身がどんな周波数になっているか

 

です。

 

神様や、まだ見ぬ未来に対して、あれもください。これもください。クレクレ、ください。

 

という不足感の周波数を放ち続けると

 

あなたを組成するエネルギーが「ください」に設定されてしまって

 

足りていない現状が、いつまでも具現化し続けます。

 

その逆の願い方って、神様からもらう、ではなく「神様に贈る」意識を持つことなのですが

 

そもそも「神様に贈る」なんて、なんだかおこがましい気がして

恐縮しちゃいますよね、、、

 

何も神様のために「ねぇ神様、世界を平和にします」とか「貧富の差をなくします」とか

「南極のペンギンだけは救いに行きます」とか

そんな大それた事を宣言しなくてはならないわけではなく

 

もっと、もっと、身近なこと。

 

コミュニケーションの根底にあるもの。

 

私達の本能。

 

それは…

 

◉目の前の人が喜ぶと嬉しい。

 

◉ありがとうって、言われると嬉しい。

 

神様も同じだと、そう考えていいと思うのです。

 

この国に生まれているだけで、銃撃に怯えることもなく、食べるものも、寒さを凌ぐ家もある。

ささやかながら、ありえないほどの幸せを、当たり前に享受している私達。

初詣にいく道すがら、今目の前にある幸せを指折り数えておいて

ご神前に立ったその瞬間から「幸せ」「ありがとう」って、何度も何度も、神様を喜ばせるのはいかがでしょうか。

 

イメージは、「あなたのおかげで幸せ」って満面の笑顔で言われると、デレデレと照れて男を上げていく、夫や彼。

 

エイブラハムの感情の22段階でも、感謝の波動は最高レベルです。

 

無理して有難がる必要もなく

ただ自然に「ありがたいな」と感じられる事だけ。

 

心を込めて感謝し尽くしたら

 

こんな風に願いを放ってみてください。

 

「今年は  〇〇が叶って、〇〇〇〇な世界の実現に貢献できる事となりました。私にこの役目を与えて下さって、ありがとうございます。」

 

もはや、「〜したい」「叶えたい」という言葉など必要ないくらい

 

☆完了形

☆決定形

 

で放つのです。

 

〇〇は、可能な限り、具体的に言葉にして描いて下さい。

 

何が、いつ、どんな形で叶うのか。

 

すると、何が、誰に向けて、どうなって、その時自分はどんな気持ちになるのか。

 

初詣は、夢を描ききり、溢れるほど現実に感謝する、大切な年始の儀式。

 

日常に見いだす幸せに、自分から満たされてこそ、価値ある祈りになるのだと思います。

 

2020年が、素晴らしい年となりますように。