「持ち込む」という選択肢・・When you bring in items you like to your own wedding-東海・名古屋の司会・バイリンガルMC ANDSTORY-

こんにちは。

東海・名古屋の司会・バイリンガルMCの

ANDSTORY

五艘英里です。

 

時々、理不尽なエピソードとして耳にする

「持ち込み料」

 

事あるごとに「持ち込み料」と言われる会場も

決して少なくないはずです。

 

けど、当然だと思います。

 

式場さんもビジネスなので

マージンのかけられないアイテムが増えると

利益がとれません。

 

しかし、アイテムにストーリーがあるのなら

どうか諦めないで

そこをお伝えください。

例えば、こんな一瞬に立ち会わせていただいた事がありました

お母さまの花嫁姿 The bride in her mother’s dressー名古屋の司会・バイリンガル司会 AND STORY-

価値あるヒトトキに立ち会わせていただき

本当に光栄でした。

 

「持ち込み料」を言わないプランナーさんとつくる結婚式。

あぁ、こういう選択肢もあるんだと感じました。

 

同時に

よく調べてプランナーさんに出会われたんだなと

新郎新婦様を尊敬してしまいました。

 

結婚式をするなら、まずは式場探しから。

ご存知の通り、それだけが選択肢なんて事ありません。

また、結婚式場だけが選択肢でもない時代。

想いに寄り添ってくれる素晴らしい式場さんもたくさんありますが

残念ながら決められた枠の中でしか何もできず

哀しい想いをされている新郎新婦様もいらっしゃいます。

 

もちろん

 

大好きなスタイルの結婚式場で

由緒正しき場所で

親御様にご安心いただける空間で。

素晴らしいと思います。

 

私も司会として式場さんでの披露宴に立ち合わせていただく時には

いつも大きな感動をいただいています。

(残念な気持ちになる会場さんでの司会を、しないようにしているのもあります)

「持ち込み料」についても

そもそもアイテムを自分で手配する大変さに馴染まない方もいらっしゃるでしょうし

金額も含めてパッケージ化されている結婚式の方が

安心感があるという方も、きっと。

 

どういった形であってもいいと思うのです。

新郎新婦様の数だけ結婚式があるはず。

心の底から納得して

当日を迎えていただきたいのです。

 

一番自分たちらしい形。

 

 

世話焼きの司会者でよろしければ

何なりとご相談、お伺いします。

 

メールかお電話をいただければ

いつだってその場で、無料相談会が始まります♡

 

ただの世話焼きですが・・笑

きっとお役に立つと思います。

 

 

どうか、価値ある時間を

お迎えになられますように。

 

メールはこちら

If you seek for english available bilingual mc in central Japan.

Please e-mail us.

↓↓

info@andstory.jp

 

Phone her directly

担当者直通

↓↓

080-3656-6986(五艘)

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴
「想いがつたわると物語になる」
司会・バイリンガルMC
誓いを残すフォトウェディング。✧♡

司会はこちら

https://andstory.jp/and-story-mc

人前式+撮影はこちら

https://andstory.jp/photo-ceremony

印象アップ部はじめました。

ぜひお気軽にご参加ください♡

https://andstory.jp/766

Tap below to contact us.

「お問い合わせはお気軽に」

↓↓↓

https://andstory.jp/contact